« 2010年2月21日 - 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月14日 - 2010年3月20日 »

笑いヨガ

先日、前から結構気になっていた「笑いヨガ(ラフターヨガ)」に、やっと行ってみることができましたhappy01

いろんな題材をネタに、とにかく「笑う」のですが、

我に返ってアホらしく変なむなしさが湧いてくる瞬間が何度かあり、

来たことをちょっと後悔してみたりcoldsweats01

どんなことで笑ったのか、などをあんま詳しく書くと、こっぱずかしいのでやめときますが、

何がおもしろかったのか分からないけど、その時その場ではおもしろかったのですpig

そんなもんよねpunch

しかし、段々、徐々にではありますが、本当に楽しくなってきたのですhappy02

何やら、「脳」は、本当の笑いと作り笑いの区別をつけられないらしく、

笑いのもらす効果は、健康面、精神面、他にもあらゆる面においてたくさんあるのです。

よく、笑いによってガンの患者さんが治ったり、鬱状態から脱出したり、という話は聞いてましたが、作り笑いでもいいとは知りませんでした。

作り笑いでも、とにかく笑ってると、本当におもしろおかしくなってきたりするもんで、

ヨガの腹式呼吸が自然とできるんですね、それも強烈な腹式呼吸が(笑)

笑いすぎて腹筋が痛くなってきた私は、最後のシャバーサナですっかりリラックスすることができましたcatface

なんとなくモヤモヤっとしてた気持ちも幾分晴れやかになりましたshine

その後、参加していた方々とお話して、また楽しい時間を過ごすことができ、

えいやっと行ってみてよかったなあ、とtulip

午後からの「キッズヨガ」と夜のレッスン2本は、いつもよりもみなさんを笑わせたい気分になり、おもしろいポーズ入れてみたりした私でしたbleah

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

東京マラソン走ってきました。

ああ、もう1週間前のことなのかconfident

まだ余韻が残っています。

東京マラソンfoot

先週の土曜日、仙台駅で待ち合わせして、子供たちを母に預け、私は新幹線にて東京へとむかいました。

その後、ラン友のFさんと東京駅で待ち合わせして、お台場ビックサイトへtrain

089

Fさんは東京マラソンは走らないので、とりあえず私だけランナー受付を済ませ、ビックサイトで開催されているEXPOというイベント会場へ入ると、

たっくさんのブースがあれやこれやわんさかとflair

ウエアからシューズからグッズから、、、写真サービスやら無料足形調査から、無料シューズお試しランから、、、二人で目移りしながらあっという間に時間がたちます。

ふと時計を見るともう6時。

そういえばお昼ご飯、新幹線でパン半分くらい食べただけだった。忘れてたsad

我に返って空腹を思い出しました(単純な体dash

Fさんと、約束していた「ふぐ」を食べに、上野へとむかいました。

私は全く東京のことは分からず、まして「ふぐ」は食べたことがないので、

Fさんにお任せですbleah

Fさんの旦那さんと待ち合わせして、3人でふぐ料理店へnote

初の「ふぐ」。。。とろけるheart04

こんなおいしいものなのねheart04

マラソン前日なのですが、ついつい2杯ほどアルコールもいただき、時間が気になりつつも、楽しい時間を過ごしましたnote至福のひとときheart01

まさに空腹絶頂だった私は、遠慮なく、たらふく、ご馳走になっちゃいましたriceball

その後、新宿のホテルへ。

ちょっとした偶然の出会いから、知り合いの方とご一緒させていただくことになり、

知り合いの方の奥さんとツインの部屋に泊まることになっていたので、早めにホテルへ戻ろうとは思ってたのですが、、、着いたのは10時半dash

すんませーんcoldsweats01

みなさんもうお風呂入って浴衣姿で、翌日の準備も完了したとのこと。

私は、みなさんとマラソン話で盛り上がった後、一人でごそごそと準備してお風呂入って、

明日も早いしさっさと寝よう!と布団へはいるが、、、、、、、、、、、、、、

寝れない。。。。。。。。。

すきっぱらのアルコールもちょっと効いたのか、頭も痛くなってきた。

ああ、明日はフルマラソン、楽しみにしていた東京マラソン。

寝ておかなきゃヤバいよううううう。。。

ひつじも数えました。

腹式呼吸で気分も落ち着けました。

寝れないときにいいヨガのポーズもやりました。

でも、結局明け方少しうつらうつらしたくらいで、ほっとんど寝れないままに朝を迎えることになりましたcrying

朝5時。体調最低。

眠い、ぼーっとする、頭痛い、だるい。

その上、雨ザーザーdown

天候は私の力でどうすることもできないが、体の調子は気の持ちようで幾分変わる、というのはよく感じてる私なので、

とにかくモチベーションアップアップ!!!

気分をよくしてよくして、今から始まる東京マラソンを楽しみに!!!

そしたら、頭痛いのも、だるいのもいつの間にかなくなってました(単純なからだ)

091

ホテル出発前にパシャリ!

ご一緒させていただいたOさんSさんは一応消しておきました~。

よくしていただいて、ほんっとうに感謝してます。

この場を借りて、ありがとうございましたsign03

ホテルは、スタート地点の東京都庁から歩いて3分ほどのところだったので、まず荷物を預けて(ゴール地点のビックサイトまでトラックで運んでくれる)

スタート地点確認して、もう一度ホテルへ戻り、ダイソーで買っておいて大正解だった「カッパ」を着て、キャップに安全ピンでくっつけておいた「アフロ」をかぶり、

ホテルで一緒だったOさん、Sさんとともにスタート地点へ。

なんせ3万2000人。みんなバラバラのスタート地点なので各自の場所へ行き、

雨が降る中、スタートを待ちました。

寒い!!!

傘さしてる男の人が近くにいたので、ちゃっかりとなりによっていって密かに傘に入っていた私(笑)

ふと隣りを見ると、キャップに「ノッチ」のサイン、Tシャツにも「小出監督」やらのサインが書いてあるおばちゃんがいて、思わず話しかけて、しばし盛り上がる。すぐそこにノッチもいたよ~と言われたけど、見つけられないなあ。。。

猫ひろしやボビーオロゴンも出てるというけど、この人数じゃあ見つけられないなあthink

スタート前に既に靴はびちゃびちゃ、体は冷え切ってるし、大丈夫かな、状態sweat01

いよいよ9時10分。

石原都知事のスタート号砲で、一気に走りだしましたrun

はじまったーーーーーーーsign03

42,195kmという距離を走るにあたり、とにかく前半は温存温存。

ゆっくりあせらず走る。

もう既にトイレに行きたいけど、スタート地点付近のトイレはみんな長蛇の列と聞いてたので、ちょっと我慢して5kmくらいまで行き、そこでトイレタイム。

まだ全然体が温まってないので、背中とおなかに張ってたカイロはそのままで走りだしました。

沿道の応援がすごいsign03

どこからこんなに人が集まってくるんだろうというくらい、ずーっとずーーっとたくさんの人が応援してます。

雨降って寒いだろうに、傘さして大声で声援をおくってくれてます。

私のアフロは、たいして目立つもんじゃあないなあ、というくらい、いろんな人がいました。

カニやウルトラマン、ラムちゃん、ミッキーミニー、スーツ姿、網タイツの人もいて、

一回網タイツ考えたけど走りにくいかなと思って却下したことをちょっと後悔したりして(笑)

そして、アフロ人口も多かった(笑)

同じ、七色アフロだけでも5人以上見ました。

赤アフロ、青アフロ、ピンクアフロ、白アフロ、、、そして、なんと沿道にもたくさんのアフロ応援団がいるじゃあありませんかsign02

そして、私が通るたびに、「アフロがんばれーーーー!!!」

とすごい応援!

後ろから、同じアフロの男性が「アフロファイト!」と声をかけながら追い越して行きました。

外人さんに「ナイスレインボウ!」と言われましたが、とっさに気のきいた言葉がでなくて、思わず「おう!」とか言ってしまった私です(笑)

少しずつ、少しずつ、距離を重ねていく。

ゆっくり走ってるので呼吸も脚も、まだまだ苦しくないが、とにかく寒くて体が動かない。

私は、とにかく寒いのが苦手なのですcrying

途中で、携帯していたエネルギーパウダーを飲もうと思い、リストポーチから1本出して、封を開けようとするが、手袋まで雨でびちゃびちゃになり、手はかじかんで力が入らず、がんばってもがんばっても開けられないのです。

しばらく格闘したあと、係の人に開けてもらい、無事エネルギーチャージ!

そのあとカロリーメイトを受け取り、走りながら食べようとするも、箱はなんとか開けれたけど、中の袋がまた開けられない(泣)

口でこじ開けて、ぼろぼろぼカロリーメイトを食べながら走りましたrun

東京はよくわからない私ですが、皇居のあたりや東京タワー付近、銀座や浅草雷門も通って、

「今、東京マラソン走ってるんだ~」 

ふつふつと、うれしさがわきあがってきますupwardleft

25kmあたりからは、エイドも充実してきて、バナナやパン、レーズン、ドリンクなど、

エネルギー切れ起こさないように、というのはもちろんながら、とにかくおなかすいて(笑)食べまくりながら走りました。

東京マラソン側で用意した食べ物だけじゃなくて、沿道の応援のみなさんのアメやらチョコやらの差し入れもいっぱいsmile

なかでも、高島屋あたりで食べたロールケーキは、サイコーうまかったですcake

30km地点までは、時計を見ることなく、距離を考えるとやる気なくしそうだったので、

とにかく今だけを考えて無理せず走り続けてきました。

どのくらいのタイムかなあ~と、ふと時計を見た30km地点。

すでに3時間6分でしたdownwardleft

目標としていた3時間55分切りには、あと12kmを50分きって走らなければ到達しません。

こりゃ無理だdown

4時間切りも無理だなdown

頭ん中で計算して、気持ちが萎えてきちゃいましたshock

温存とはいえども、もう少しペース上げて走っておけばよかったなあ。。。

トイレ2回も行って、いろいろ食べながらちんたら走らなきゃよかったなあ。。。

次から次へと言い訳が思い浮かんで、あと10kmちょっとの距離が長ーく長ーく感じました。

んがup

せっかく当選して、みんなの協力あって来れた東京マラソンrun

最近あきらめてばっかな気がする私、

「今日はあきらめないぞい!」

と、気持ちを奮い立たせて、とにかく完走を目指し、進みました。

ゆっくりペースとはいえ、さすがに脚はだるくなってきました。

40km地点で、Fさんと、「走るTシャツ」という企画の方々が、旗を持って待ってる、というのを楽しみに、前へ前へと。

段々晴れてきましたsun

さっきまでの雨がウソみたいに、気温上昇、お日様が出てきて明るくなってきましたsun

あったかい味噌汁を出してくれてる方がいて、いただいてほっと一息。

そこで、カッパを脱いで、ピンクの半袖ワンピース、アームウォーマーでゴールを目指す。

40km地点を過ぎたあたり、見つけたsign03

「まいごん、がんばれ~!!!」

Fさん達がでっかい声で応援してくれて、パワーをもらいましたpresent

あとの2kmは楽しくて楽しくて、ハイな気分になりながら、とうとうゴールゲートへbleah

ゴーーーーール!!!

100302_135237

100302_1352081

ゴールしてボロボロになっているところを、テレビ局に取材されましたcatface

テ「お疲れ様です。それかぶって走ったのですか?」

私「はい。鏡見てないんですけど、走ってぐちゃちゃになって変になってないですか?」

テ「多少。。。」

私「げっ↓」

テ「今日は歩かず完走したのですか?」

私「はい、タイムはイマイチだったけど、仙台から来たかいがありました!」

テ「仙台からですか?今から帰るのですか?」

私「はい、すぐ帰ります~」

なにのテレビ局だか放送されるのかも聞かないでしまったけど、ぼろぼろだったから放送されなくていいです(笑)

その後、言葉通りすぐに帰りましたbus

なんとその日、仙台では大変なことになっていたようで、走っていた私、全く知りませんでしたsad

津波wave

メール着信が大量になっていて、ひとつひとつ見ていたら、母からのメール。

「津波で電車止まってて、松島から仙台駅まで子供たち連れて行けない。」

こりゃまいった。

翌日は普通の月曜日なので、子供は学校、保育園。

おまけに私も朝イチのパワーヨガから始まるので、なにがなんでも帰らなきゃ。

旦那は仕事で帰りが遅いので、そのあと迎えに行ってもらって帰ってくるとしたら、きっと夜中だし、、、

ということで、母が、名取まで子供達を車で送ってくれることになりました。

私は、ゆりかもめで新橋へ向かい、山の手線で東京へ。

一番早く着く新幹線に乗り、仙台駅へ。名取方面は無事電車が動いていて、

家へ帰ることができました。

てんやわんやの2日間で、ものすごく疲れましたが、

本当に本当に、行ってよかったhappy01

追加当選が決まって迷ってた私に、行くことを後押ししてくれた旦那や、子供たちを預かってくれた母や、新幹線や宿、なんもわからん私にいろんなアドバイスをくれて助けてくれたり、宿で親切にしてくれたり、直前にわざわざお餞別ってスポーツドリンクなどくれたり、いっぱい応援してくれたり、イベントまわりつきあってくれたり、ご馳走してくれたり、目立つ方法の相談にのってくれたり(笑)、たくさんの友達、知り合いだけじゃなくて、

寒い中、知らないランナーのためにずっと応援してくれたり、おそらく自前で差し入れしてくれたり、走りやすいように細心の心遣いでサポートするスタッフやら、

いろんな人のおかげで、楽しい東京マラソンの旅ができたことを、本当にありがたや、ありがたや~と感謝happy02

また、東京行きたいなあnote

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

« 2010年2月21日 - 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月14日 - 2010年3月20日 »